銀閣寺喜み家 豆かん

豆かんが大好きなんです。
というより赤えんどう豆がとっても好き♡
子供のころ、みつ豆の豆だけ食べて逃げてましたっけ(笑)

京都らしいこじんまりした店構え。中はゆったりと優しい時間が流れています。
a0196698_8272550.jpg

お豆が本当においしい!豆臭さがなく塩加減と固さもちょうど良くて、蜜の甘さもええ感じ。
寒天はそれ程好きじゃないけど豆かんは大丈夫。
ここのは豆と寒天と蜜のバランスが最高で、妹と二人で夢中で食べました♪
a0196698_8332217.jpg

この本を見て、5年前初めてお店を訪れました
a0196698_9561216.jpg


イラストが素敵で、京都への愛情が溢れる文章も面白い。
何度も読み返したくなり、読む度に京都をどんどん好きになります。
文庫本サイズで持ち歩きしやすいし、京都歩きのお供にオススメの一冊ですよ。 
続編も出ているので買おうと思っていますが
また行きたくなりそうで怖い(笑) 今度こそ一人旅を実行したいですね♪
a0196698_8424057.jpg


お散歩といえば最初に思い浮かぶのはやっぱり下鴨です。
下鴨神社の名で親しまれる賀茂御祖神社と、そこに隣接する
糺の森を中心とした地域で、私の生まれ育った場所です。

「糺の森で遊んでくる!」
 
子供の頃の遊び場は、いつも大好きな糺の森。 
おてんばだった私は、神社ができる前から大切にされてきた神聖な森を、
毎日好き放題に駆け巡っていました。
 
当時は、草木が今よりもうっそうと生い茂っていて、
日がかげると昼でも薄暗く夜は真っ暗。
私に慣れ親しんだ遊び場でしたが、やはりそこは鎮守の杜。
子供の頃には不思議なこともありました。

例えば、いつものように遊んでいると、
見慣れた森の雰囲気がまるで境界線を越えたかのように ふっと変わる。 
気配を感じて老木を見上げても何もありません。
その何かは、そのうちざわざわと枝葉をならしながら去っていくのですが
それまで遊びも中断。とくに怖いとも思わなかったのが、今思うと不思議です。

参道を散歩していてそんなことを思い出すと、やっぱりこの場所に神社ができたのには
それなりの理由があったんやろなぁ、などと考えたりします。
                      
                                 ~古代からの変わらぬ風より~
[PR]
by cocomiel | 2012-04-19 10:02 | 2012.4月 京都

「心地良く」をテーマに毎日を過ごしています。


by cocomiel