薬膳粥

「気」とは、体を動かしている目に見えないエネルギー。
体温を維持したり、病邪の侵入を防いだり、臓腑を動かしたり、
必要以上の排泄や出血を防ぎ、内臓の位置を保つ等沢山の働きがあります。
「気」が足りないとどうなるか、想像がつきますね
女性は特に毎月の生理にすぐに影響が出ます。

「気」を補う食材は種々ありますが、手軽に摂取できるのがご飯でしょう。
分かっていながらもパンが好きでやめられず、補血は意識しつつも
ご飯は一日に一回しか食べていませんでした。
でも!≪「気」が「血」を連れてくる≫という薬膳の先生の強い言葉が
体調が優れない私にぐぐっと響き、一念発起して三食ご飯にして一か月余り。 
だんだんと元気になってきて、補気の大切さを実感しました。
日本人にはやっぱりご飯だね026.gif

食欲がイマイチの時の朝食は具だくさんのお粥を戴きます。
中身はその日の気分や体調によってチョイス。
帆立や海老、鮭、鶏肉や牡蠣などのタンパク質は一品入れるようにしています。 

冬は「腎」を補う季節。 黒いものを意識して食材を選ぶといいようです。
この日は十穀米入り玄米粥。黒ゴマ、クコの実、海苔と卵を入れました。
おかずはあっさりとほうれん草のナムルとカブの浅漬け。
まずは酵素を摂り、消化を助けて血糖値の急上昇を防ぎます♪
食べる順番はお野菜からね^^   
a0196698_93545.jpg

身体が満足するのかお粥なのに腹もちがいいの。冬の朝にお勧めですよ049.gif
[PR]
by cocomiel | 2011-12-22 11:55 | 薬膳

「心地良く」をテーマに毎日を過ごしています。


by cocomiel