カテゴリ:2011.3 Europe( 28 )

ホテルで迎えのタクシーを待つ間、近くのパン屋に走って
カヌレとバゲットを買ってきました♪
a0196698_1825346.jpg

自動販売機の珈琲はどんな味かな? あはっ、普通です^^;
13:30発の飛行機なので、珈琲とカヌレで少しだけお腹を満たしておきました。
a0196698_1830398.jpg

じゃ~ん!! これが話題のエアバスA380ですよ~♪
二階建てだからころんとして可愛いね(笑)
a0196698_18113685.jpg

私達はアッパーデッキ(嬉)
a0196698_18124489.jpg

右側の通路から入ります
a0196698_1814797.jpg

もうすぐパリともお別れですぅ(涙)
a0196698_18152512.jpg

ラッキーにも二人席が取れたの♪
窓際に小物入れが付いていて重宝しました
a0196698_18163675.jpg

二階は2-4-2の座席配置。
この後満席になりました。
a0196698_18182380.jpg

離陸してしまいました・・・
a0196698_18194669.jpg

写真にはありませんが、当然食前酒はシャンパンでした。
でもね、お替りはないんですって(涙)
エコノミーだから文句言えないのか・・・

お食事はやはり成田発のほうが美味しいです。
a0196698_22251283.jpg
a0196698_18221634.jpg

日本です~
a0196698_18231568.jpg

大きいと安定するのかしら?とても快適なフライトでした。
a0196698_18242448.jpg


3月11日の朝9時30分、無事成田に到着~!

長い長い旅行記にお付き合い下さり、本当にありがとうございます。
いわゆる観光地にあまり興味のない母娘ゆえ、物足りない方もいたかと思いますが、
これから渡航を計画されている方に少しでも参考になれば幸いです。
計画がない方も、楽しんで頂けてたら嬉しいな♪

いつか行こうって思っていると、あっという間に時は過ぎますよ~
行けない理由を探さないで(笑)可能であれば行かれる事をお勧めします。
私も今回思い切って大正解でした♪ 
本当に、色々な意味で行って良かったと思う(しみじみ・・・)
 
国内でも外国でも、直観に従って行きたい場所に行く。
その旅は必ず意味のある旅となり、今後の人生を豊かにすると思います。
先の事より「今」が大事。 今の気持ちを大事にしましょ♪

Bon voyage!
[PR]
by cocomiel | 2011-07-02 19:04 | 2011.3 Europe

今日は最終日なので、朝からギャルリー・ラファイエットでお買いものです♪
ここはデタックスの手続きがまとめてできるので便利ですよ

一旦ホテルに荷物を置きに帰り、さてランチはどこにしようか?
既に2時を回っています。
ホテルのすぐ近くに、いつも凄い行列のビストロがあり、
興味はあるもののあまりの行列に近づけなかったのですが、行ってみることにしました。
さすがにこの時間ですからすぐに案内されましたが、まだ超満員!
中はかなり広い空間です。
a0196698_853113.jpg

座った途端、かごに大盛りのバゲットが置かれます。
フランスのお袋の味といえばSteak Frites
つまりビーフステーキとポテトフライなのです。
娘がチョイス。見た目通りの固めのお肉ですが味は美味しいと言ってました。
a0196698_8553587.jpg

私は大好きな鴨のコンフィ
美味しかった~♪
a0196698_857829.jpg

ここは100年以上続く老舗ビストロだとか。
古き良き時代の雰囲気がそのまま残っていてなんだか懐かしい。
まるで古い映画の中に迷い込んだかのような錯覚を覚えます。

変化の著しいパリですが、ずっと変わらないでいてほしいな
近所のおじちゃんおばちゃんも、家族連れもカップルも観光客も
この空間を共有し、心からくつろいで食事を楽しめるシャルティエ。
誰もが好きになる親しみやすい雰囲気が大人気の理由かな?
もちろんリーズナブルなお値段も魅力です。

やっと席が空き始めました。みんな満足そうに帰っています。
場所はGrands Boulevards駅のすぐ傍です。
a0196698_85912.jpg

私達も大満足でお店をあとに。
赤ワインとオレンジジュースも頼んでたったの26ユーロでした(驚)

*ウルトラ・モッド 

老舗の手芸屋さん。日本人の店員さんもいて親切に説明してくれます。
繊細な刺繍のレース、プリント柄のバイヤステープ、レトロなボタンを購入しました。 
a0196698_914360.jpg


*LA MAISON DU CHOCOLAT

日本でもお馴染みですね
a0196698_11234099.jpg

シックな店内
a0196698_961794.jpg

第一目的はこれ!ここのエクレアが本当に美味しいの~
絶対絶対お勧め♪ パリに行ったら必ず食べてね^^
a0196698_973175.jpg

オランジュリー&オルセーの共通チケットを購入していたので
オルセーにも行かねば(笑)でもここは撮影禁止。お写真はありません。

オルセーの前でクラリネットを演奏していた彼
夕暮れのパリをロマンティックに演出してくれます
a0196698_984322.jpg

せっかくだからシャンジェリゼ通りまでお散歩することにしました。
あれ?珍しく雲行きが怪しくなってきたぞ(汗)
a0196698_9115497.jpg
a0196698_913593.jpg

この人、凄いの(驚)
トランペットとトロンボーンとドラムとアコーディオンを駆使して演奏しているのよ
お上手でした~
a0196698_914168.jpg

エッフェル塔~
a0196698_1315148.jpg

コンコルド広場
a0196698_9155019.jpg

見えてきました。凱旋門!!
小雨が降ってきたので、凱旋門までは行かずメトロで帰ることにしました。
Au revoir、シャンゼリゼ♪
a0196698_9182139.jpg


*Passage Jouffroy

こちらはホテル近くのパッサージュ。(昔からあるアーケード街)
もっと早く来ればよかったと後悔。
レトロなお菓子屋さん、雑貨屋さん、インテリアショップ、おもちゃ屋さん、手芸屋さん等々・・・
私の好きなものがぎっしり詰まった通りでした。

閉店真際の雑貨店でティカップやキャンドル等を買いました。
さっきの雨のおかげでぎりぎり間に合ったよ(嬉)

次回もこの辺りのホテルに泊まろうと決心。
スーパーも2件あったし、この界隈、相当満足度高いですよ。
a0196698_922529.jpg


ディナーはどこにしようか・・
あちこちのレストランを覗いて迷った挙句、結局またシャルティエにしました(笑)

今日は水曜日だから行列は少なめなんですって。
良かった♪
a0196698_9242582.jpg

あ~いいね~この雰囲気♪ ほっとするわ
a0196698_926815.jpg

おじさん二人組と相席。色々質問されるのですが(汗)
でもゆっくり話してくれたので、なんとか会話が成立し(?)
結構楽しかったです。

私がギャルソンに注文している時、ずっと心配そうに
「うん、うん」と頷きながら横で見ていて
頼み終わったら、ギャルソンと三人で「トレビア~ン」と褒めてくれたの。
ギャルソンも65歳くらいのおじいちゃんで優しかった。なんか温かくていいなあ
最後の夜をここで過ごせて良かった(涙)

前菜はキャロット・ラぺとパテ・ド・カンパーニュ。
以前はバゲットにパテを挟んだものがあちこちで売られていたのに
どういうわけか今回どこにもなくて、ガッカリしていたパテ好きの娘。
やっとここでバゲットにパテをはさんで食べる事ができて大喜びでした(笑)
a0196698_9275365.jpg

こちらは娘が頼んだ鴨のコンフィ
昼間私のを味見したら美味しかったからですって
a0196698_929384.jpg

私は子羊のグリエ。
ラデュレの前のビストロよりずっと美味しい♪
a0196698_9295640.jpg

デザートはシューアイスのチョコレートソース
甘過ぎるけど、そこがまたいいって感じ(笑)
a0196698_939061.jpg

これがメニュー。
注文すると、上の写真のようにギャルソンが紙のテーブルマットに書いて、
精算する時も紙に書いての手計算(笑)
今夜のおじいちゃんギャルソンは計算にちょっと時間がかかったけど、
一生懸命な姿が可愛かった♪
相席のおじちゃん達も、楽しい時間をありがとう♪
(赤ワインとオレンジジュース、ハーブティと紅茶も頼んで39ユーロ。安っ!)
a0196698_9444014.jpg


意外にも、古き良きパリはホテルの近くにありました。
ホテルの回りって意外と死角なのかも
いつでも行けると思うしね・・・
今度からはまずホテルの近所をチェックですね。

最後にちょこっと、今回のパリで気づいた事を。
一番がっかりした事が、喫煙マナーの悪さ。
パリは公共の場所が禁煙になった為、路上は喫煙する人だらけ(驚)
更に我慢ならないのが歩き煙草!しかもその殆どが女性なのです
街を歩いているだけで煙草の臭いが洋服に滲みついて辟易しました(怒)

良かった事は、ワンちゃんの排泄物を一度も見なかった事^^
飼い主のマナーが良くなったのか、お掃除が徹底しているのか、
もしくはたまたまだったのか、定かではありませんが・・・
以前のパリの街を思うと夢のようです。(大袈裟かしら?)

これでパリ編は終わりです。
パリは写真が少ないのでサクッと終わっちゃた(笑)

さあ、これからピッキングをして、明日は帰国です。
寂しいけど、充分満足できた旅だったのでおとなしく帰ります^^;
今日の夕方だけ小雨が降ったけど、それ以外はず~とお天気に恵まれた今回の旅。
本当にラッキーでした。全てに感謝の気持ちでいっぱいです♪

Merci ♪
[PR]
by cocomiel | 2011-07-01 09:47 | 2011.3 Europe

*モンマルトルの丘 サクレ・クール寺院

サクレクール寺院まではケーブルカーで行きます。
階段を上りたい方は横にありますのでどうぞ(笑)
メトロのチケット一枚で乗れるのでお手軽。
a0196698_10312230.jpg
a0196698_10473083.jpg

パリ市街が一望!
a0196698_10371122.jpg
a0196698_10382310.jpg

帰りはゆっくりと階段で降ります
a0196698_10403616.jpg

メトロでSaint.Paul駅まで移動
a0196698_10414877.jpg

2000年のパリは、マレのアパートを借りてパリジェンヌ気分を味わいました。
大好きなマレ地区ですが、随分様変わりしてお目当てのお店もなくなっていました(涙)
世の中は移り変わるもの。 憂えても仕方ないですね。

マリアージュ・フレールでひと休み
a0196698_10425419.jpg
a0196698_10443255.jpg

ケーキは迷わず! タルト・オ・フランボワーズ♪
薄~いタルト生地に、紅茶のカスタードを薄~く敷きつめ
その上には甘酸っぱいラズベリーがたっぷり!!
全ての量が絶妙のバランスで、もうヘブンリー気分♪
何も言わなくても、ちゃんと二つにカットして持ってきてくれました。さすがです♪
a0196698_10503184.jpg

ワンちゃんもおとなしく待っています
a0196698_10513883.jpg

a0196698_1045421.jpg


再びショッピングを楽しんで、今度はクレープ屋さんに。
a0196698_10525554.jpg

お砂糖とバターだけのシンプルなクレープをチョイス
a0196698_10553840.jpg

ここはパリ一番のクロワッサンと呼び声の高かったお店。
初めて食べた時は本当に感動しました♪
さて、お味はどうでしょうか
a0196698_10585790.jpg

美味しいけど、う~ん、前よりは味が落ちたかも・・・残念
a0196698_110487.jpg

ヴォージュ広場でみつけたハートのアート。
a0196698_1112119.jpg

マカロンは、ラデュレ、ミュロ、サダハルアオキ、ジャンポールエヴァンを味見しましたが
やっぱりエヴァンが一番美味しかったです。あくまでも私達母娘の偏った意見(笑)
1997年に初めて食べたマカロンがラデュレで、世の中にこんな美味しいものがあるんだ(驚)
ってくらい感動したんですけどね。 今は甘く感じました。

★耳より情報★
ラデュレのマカロンはシャルル・ド・ゴール空港でも買えます。
ただし、季節や時間によっては売っていないかもしれないので確認くださいね。

ラデュレのビッグマカロン!
a0196698_1143351.jpg

娘のリクエストで今日の夕飯もまたお寿司(笑)
やっぱり日本人なんだなあ。一番落ち着くね^^;

さあて、明日はいよいよ最終日!
楽しまなくっちゃ♪
[PR]
by cocomiel | 2011-06-30 11:08 | 2011.3 Europe

*ペール・ラ・シェーズ墓地

ここは多くの有名人や作曲家が眠る墓地。
ショパンのお墓参りを済ませました
a0196698_1750560.jpg
a0196698_17511861.jpg


*モンマルトルにあるお菓子屋さん、デニス・アカボおばさんの A L'ETOILE D'OR

三つ編みがトレードマークのデニスおばさん
彼女が長年の知識と経験でフランス中から選んだ貴重なお菓子達
パッケージもレトロで可愛く、見ているだけでワクワクしますね♪
女の子の夢が詰まったショップって感じです
地元の人はもちろん、日本の観光客やパティシエの卵達も沢山訪れるとの事ですよ。
a0196698_1753288.jpg

a0196698_1759238.jpg
a0196698_1801310.jpg
a0196698_1814365.jpg
a0196698_1834966.jpg
a0196698_1855047.jpg
a0196698_1875750.jpg

a0196698_109177.jpg


a0196698_1811524.jpg


*モンマルトルのカフェ・ビストロ Le progres

地元っ子に大人気のビストロ
ランチタイムが始まるとあっという間に満席になりました。
a0196698_18154219.jpg

パスタサラダ、ピストゥソース
a0196698_18171447.jpg

お魚の蒸し焼き タイム風味(イサキのような味でした)
a0196698_18195645.jpg

チキンのクリームカレー
a0196698_18214559.jpg

フォンダン・ショコラ
a0196698_18262836.jpg

パリのビストロにしてはあっさりしたお味でとても美味しかったです。
シードルとオレンジジュースを頼んで37ユーロのデジュネでした。

*天使グッズのショップ La boutique des anges

レジに商品を持っていくと、包みこむような笑顔で「トレ ビアーン」
一つ一つ丁寧に愛情をこめて包んでくれました
天使のようなマダムに会いに、いつかまたここに来ます♪
a0196698_1830811.jpg

[PR]
by cocomiel | 2011-06-29 18:31 | 2011.3 Europe

*Poilane
a0196698_8264679.jpg

パン・ド・カンパーニュが美味しいのですが、ショソン・オ・ポムとタルト・オ・ポムも有名(ポムはりんご)
今日はタルト・オ・ポムにしました。 タルトというよりパイとパンの中間のような生地。
さくっとしていて美味でした。
a0196698_13564625.jpg

a0196698_829121.jpg

*Gerard Mulot

日本にもできましたね
a0196698_8302912.jpg

美味しいお惣菜やサンドイッチ、キッシュやケーキにパン、ショコラやマカロンまで売っているので
ここであれこれ買って近くのリュクサンブール公園でピクニックというのが定番コース
a0196698_832387.jpg
a0196698_8333193.jpg


*リュクサンブール公園

暖かい春の陽射しを楽しむ家族連れで賑わっていました。
a0196698_13593270.jpg

ミュロのサーモンキッシュ。激ウマ~!
a0196698_836295.jpg

雑貨屋さんや洋服屋さんをぶらぶら・・・

*超!可愛いブティック  アントワーヌ・エ・リリ
a0196698_837196.jpg

中もピンク~
お店とお揃い色のカーディガンをゲット♪
a0196698_8405817.jpg
a0196698_8492458.jpg


*サンジェルマン・デ・プレ教会
a0196698_903149.jpg

a0196698_14594691.jpg


*ラデュレ♪

中は人がいっぱいで入れない状態(驚)
a0196698_9283312.jpg

さすがに歩き疲れたので、斜め前のビストロにふらっと入ってしまった。
せっかくだから軽い夕食を食べることに。
ちょこちょこ食べててお腹はすいてないんですけどね^^;
a0196698_9294729.jpg

a0196698_930442.jpg

飲み物はシードルにしました
a0196698_9314526.jpg

サラダ・ニソワーズ(ニース風サラダ)
ヴィネグレットソースが酸っぱ過ぎて・・・
a0196698_933823.jpg

子羊のグリエ。これはまあまあです。
a0196698_9341324.jpg

この後、ラデュレでマカロン買って更にぶらぶら~
メトロでギャルリー・ラファイエットまで行って周辺の偵察(笑)
なんだか昔のほうが良かったなあ
不況の影響でどこに行ってもH&MやZARAなどファストファッションの大型店ばかり。
やはりパリも同じでしたわ(涙)
更にユニクロや無印良品まであるし・・・
パリらしさがだんだん失われてきていて残念。

ちょっとがっかりしながら、歩いてホテルまで帰りました。
夜食のお寿司も買いましたけどね^^ えへっ
は~今日は歩き過ぎました・・・

ギャルリー・ラファイエットの中。
この場所だけはいつ来てもときめきます♪
a0196698_1432147.jpg

[PR]
by cocomiel | 2011-06-28 14:27 | 2011.3 Europe

思い入れが強く、コメントが長いです。
お時間のない方、スルーしてください(笑)

Jean Paul Hevinとの初めての出会いは1997年
お菓子教室の研修ツアーで最初にパリを訪れた時でした。
一口食べた時の衝撃は忘れられせん(驚)

独特の世界感を持った繊細な味。
あくまでも主役はショコラ。カカオの香ばしさと程よい苦味を残しながら
控えめなフレーバーが香る、計算し尽された味のバランスとハーモニー・・・
あ~幸せ~(嬉) と感動し、
以来私を虜にしているショコラティエです。

あの時は研修ということで、10種類位のケーキをプチフールに仕立ててくださり
二階のカフェで何個も味見ができました。ケーキもとっても美味しいのです。
素敵なエヴァンさんのトークもあり、奥様と二人の娘さんもいて
確か上のお嬢さんがうちの娘と同い歳だったような・・・
優しいパパの顔も見せてくれて、アットホームで楽しいひと時を過ごさせていただきました。

味が落ちるので、パリ以外の出店は考えていないと仰っていましたが
やはりそれは無理な事でした^^; 出店要請が殺到したそうです。
そんな中、初出店先に日本を選んでくれたのは光栄ですよね。
日本人の繊細な舌にこそ味わってほしかったとのこと。

この時はメゾン・デュ・ショコラでの研修もあり、少しずつ全種類制覇しましたが、
私はJean Paul Hevinに軍配! 山のようにお土産を買って帰りました。
そしてそれを当時小学生の娘と一緒に毎日おやつに食べた幸せな思い出・・・

2002年に新宿伊勢丹で日本デビューした後の人気はご存じのとおり。
私も時々買い求めていましたが、日本だと高級品になってしまって沢山食べれない(涙)
そうすると、私の場合美味しさが半減してしまうのです。
日本は関税が高過ぎるのかな~?
なのでパリに行った時のお楽しみに取っておくことにしました。
それにやっぱり作りたてが美味しいのです。

そんなわけで、今回のパリ訪問の第一目的はエヴァンさんのショコラを
思う存分食べる事。いっぱいいっぱい買って帰る事(笑)

誰がなんと言おうと絶対Jean Paul Hevinが世界一だと思っていたら
「2011ル・モンド紙が選ぶ世界一のショコラティエ」に選ばれたとの事。
ほら~やっぱりね(自慢^^)

デジュネの前に、とにかくここに行かなくっちゃ!
a0196698_845826.jpg

中に入ったところ
a0196698_8475799.jpg

美しいマカロンコーナー
a0196698_8515124.jpg

ケーキ類。
幾つかは日本でも作られていますね
a0196698_853461.jpg

日本人のお客様には必ず日本人の店員さんが応対してくださいます。
こちらはフランス人の店員さん。お客様がフランス人なので
a0196698_856369.jpg

美味しそう♪
a0196698_8585296.jpg

a0196698_932371.jpg

二階のサロン・ド・テ
a0196698_903853.jpg

カウンター席。
右の方が日本人。言葉には困りません。
a0196698_914164.jpg

母娘で大好きな組み合わせ。ラズベリーのチョコレートケーキです♪
a0196698_965945.jpg

ショコラ・ショー(ホットチョコレート)は幾つか種類があります。
私はラズベリーショコラをチョイス。
シェフのこだわりは、混ぜずに飲んでくださいとの事。
時々唇に当たるラズベリーピューレの甘酸っぱさが
ショコラのほろ苦さにアクセント♪
あくまでもショコラが主役なのです。
a0196698_984392.jpg

マカロンを買ってチュイルリー公園で味見。う~ん、セ・ボン♪
うふっ、ちょっとずつ楽しむの
a0196698_9104742.jpg

セーヌ河の向こうにオルセー美術館
a0196698_912406.jpg

橋を渡って・・・
a0196698_9272863.jpg

あれ?月曜日は休み・・・まあいいっか。今度行こう
a0196698_9501255.jpg

デジュネを食べよう~!
ありゃりゃ、お目当てのレストランがお休み・・・
日曜日だけでなく月曜も休みのレストランが多いので気をつけてね(笑)

まだお腹がすいてないし、ボン・マルシェの食品館でお土産探しでもしよう
a0196698_930873.jpg

a0196698_9314784.jpg

サーモン売り場!(撮影:娘)
どこまで好きなん???
a0196698_933974.jpg


La Chapell Nortre Dame de la Medaille Miraculeuse

ボン・マルシェの隣にある奇跡のメダイユ教会。
1830年頃、修道女カタリナがマリア様のお告げにより心をこめて作ったメダルが
コレラで苦む人々を救った事がきっかけで有名になったそうです。
メダイユとはフランス語でメダルの事。
a0196698_940241.jpg

明るくて、温かくて、愛に包まれているような心地よい教会でした。
a0196698_9411053.jpg


余談ですが、2000年にお店を訪ねた時の話
ドアを開けたらいきなり目の前にエヴァンさんと、料理批評家の山本益博さんがいて、
友達含め4人が、一瞬びっくりして固まった事があるんです。
「あ、ボ、ボンジュール。あ、こんにちは」って感じ。
今回は残念ながら・・・

最後までお読み下さりありがとうございました。
[PR]
by cocomiel | 2011-06-27 09:46 | 2011.3 Europe

今日も晴れ♪
しかもパリに入って一気に暖かくなりました(嬉)
さあ! 今日はパリを歩き回るぞ~

まずはヴァンドーム広場
a0196698_20165967.jpg

ショパンが亡くなったお家をチェック
現在はショーメのショップになっています
a0196698_20184261.jpg

リヴォリ通りを渡ってチュイルリー公園を横切って・・・
a0196698_2020387.jpg

オランジュリー美術館に到着!
大好きな美術館なのに、前回は工事中で入れず(2000年1月~2006年5月閉館)
今回とても楽しみにしていました。
モネやルノアールはじめ印象派の絵が中心の、こじんまりした美術館です。

クロードモネの睡蓮の連作を納めるために、1927年に開館した美術館。
一部屋を睡蓮で埋め尽くすというモネの壮大な計画を実現させ、
当初は天井からの柔らかな光が降り注ぐ「光」がテーマの作りだったのですが
改装で二階を作った事により、遮られてしまったのです。
当初の構想通りに自然光を取り戻す為、6年もの月日を費やしたというのですから驚きです。
でも私は、そんな非効率的なところが好き。  
a0196698_20205226.jpg

写真ではなかなか伝わらないと思いますが
360度が「モネの睡蓮」なのです!!
初めて来た時、言葉も出ない程感動したっけな。
本物のお庭を見る為に、2000年にはジヴェルニーの庭にも行ってきました。
絵の事はさっぱり解りませんが、一番好きな画家は?と聞かれたら
「モネ」と答えます。 理屈抜きで好きなのです。
a0196698_20224877.jpg

a0196698_20234923.jpg

a0196698_20245457.jpg


小学校の校外授業でしょうか。
この美しい街に暮らし、小さい頃から本物に触れる事のできるパリの子供達
本当に羨ましいですね。
a0196698_20261787.jpg

ルノアール「「ピアノを弾く二人の少女」
母娘で思い入れのある一枚です
a0196698_20521951.jpg

美しいお部屋
a0196698_20271836.jpg
a0196698_2032249.jpg

実はミニチュアなんですぅ(笑)
a0196698_2029395.jpg

a0196698_2030245.jpg


堪能しました。 幸せ・・・
[PR]
by cocomiel | 2011-06-26 21:00 | 2011.3 Europe

大好きな大好きなパリ♪
1997年、2000年に続いて3度目の訪問です
だいぶ変わっただろうな。
どんな新しい発見があるかとても楽しみです♪

今回は初めてプチホテルに宿泊します。
初日のお散歩のお陰で(4/22の記事参照)
東駅からホテルまでは歩ける距離だと判明。
途中道を間違えたので30分近くかかってしまいましたが
乗り換えやメトロの階段の上り下りを考えると歩いて正解でした。
ちなみに最寄駅はGRANDS BOULEVARDS。徒歩5分です。

外観は可愛いです♪
a0196698_850476.jpg

しかし・・・部屋に入ると驚愕の狭さ(汗)
しかも、窓を開けると隣の窓が迫っているの・・・
すごい閉塞感(涙)

このホテル、たまたま「4泊すれば1泊無料」キャンペーンをやっていて
中でもHISが一番お得価格。朝食付き4泊で43000円だったのです!
オペラ地区では破格なので、どんな部屋になるか心配ではありました。
でもここまでとは(苦笑) HPのキュートなインテリアに騙されました
a0196698_8341346.jpg

窓のないバスルームは暗くて臭い・・・
a0196698_8353634.jpg

更に我慢できないのが床続きのシャワー
ビニールカーテンがあるだけなので
その辺水浸しになりそう(恐)
ここで4泊はありえないよ・・・
a0196698_8371450.jpg

とにかく一時も部屋に居たくなくて脱出~~!
徒歩15分程でオペラ座に到着しました。
a0196698_8403274.jpg

少しでも快適な滞在にしようと、マドレーヌ広場の花市場でお花を購入
インテリアに合わせて9ユーロの真っ赤なチューリップをセレクトしました
a0196698_9312851.jpg

マドレーヌ寺院
a0196698_8433556.jpg

ラッキー!中に入るとすぐにパイプオルガンが鳴り始め、
荘厳なミサが始まりました。
ホテルの事でへこんでいたので余計に感動です(涙)
a0196698_8444386.jpg

しばらく夜のパリを歩き回りましたが、日曜日なので閉まっているお店が多く
仕方ないので、重い足取りでホテルに帰ることに・・・

ホテルの周りは沢山のレストランや商店、スーパーがあり
人でいっぱい。思ったよりずっと安全で楽しそうなところです。
これだけでも救われるよ(嬉)

暗い気持ちのせいで食欲が湧かず(単なる食べ過ぎでしょうか^^;)
結局テイクアウトのお寿司を買って帰りました。
a0196698_8453874.jpg

部屋に戻る前に
やっぱりフロントにお願いしてみよう!と決心。
思い切ってルームチェンジをリクエストしたところ
「1泊200ユーロで広い部屋にチェンジ可能」との返事。
そんなの無理だよ(心の声) めげずにお願いしてみたところ
フロントのマダム、パソコンを見ながらしばし無言・・・
私達も祈るような気持ちで無言・・・ 「お願い!」と心の中で叫びます 
突然マダムが、
「ボスに聞いてみてOKなら無料でチェンジしてあげる。でも今夜だけは我慢してね」ですって♪
「きゃ~!メルシーボクー!」 感謝感激雨あられ~TT マダムありがとう!神様ありがとう!
a0196698_8471490.jpg


翌朝、優しいマダムとボスのおかげで少し広い部屋にチェンジできました。
同じ階の、通りに面した方のお部屋です。
手前にクローゼットがあり、その前にスーツケースを広げるスペースがあります。
なんだかチューリップまで喜んでるみたい♪
a0196698_8481955.jpg

通りに面しているので明るいです
ベッドも少し大きいみたい。
a0196698_858624.jpg

洗面所も明る~い♪
左側はガラス張りのシャワールーム
洗ってると肘がボコボコ当たる程狭いけど、充分充分♪
だってパリだも~ん

そうそう、右側の白いすのこ状のものがヒーターで
洗濯物が早く乾いて重宝しました。
日本でも欲しいくらいです。
a0196698_901018.jpg

外が見えるって気分が明るくなるよね
a0196698_953227.jpg

向いの建物もホテル。
a0196698_983627.jpg

一階はできたばかりの寿司レストランです。
SUSHIの看板が沢山増えたのにびっくり!
初日に食べたお寿司も美味しかったよ♪
a0196698_2091855.jpg

花瓶はね、ドイツから持ってきたお水のペットボトルを途中でカットして
パンを買った時の袋をかぶせたの。けっこう可愛いでしょ?
a0196698_9172221.jpg


お部屋が替わったら急に気持ちが明るくなった私達♪
最初からこの部屋だったら何とも思わないような事に
いちいち感謝していました。
テレビが壊れていたけど、ドンマイドンマイ
なんでも当たり前だと思ってはいけないと学んだのでした。

パリは世界一の観光地。
中心部のホテルのお値段はとても高く、
余程の高級ホテルじゃないと広さは望めません。
今回は便利さ優先でオペラ座界隈を選びましたが
少し離れるとぐんとリーズナブルになりますよ。
でもあまりに安い所は治安の悪い所が多いので要注意!
海外では安全優先で行きましょう^^

あっ、朝食の事に触れていませんでした。
クロワッサン、パン・オ;ショコラ、トースト
ヨーグルト、缶詰のフルーツ、ハムが少しだけ
オレンジとアップルジュース、珈琲、紅茶。

4日間全く同じメニューでございました^^;
パリはどこもこんな感じのシンプルなメニュー
でもパンが凄く美味しいので満足するのですが
このホテルは肝心のパンが今いち・・ 朝食ルームも暗いの

外で食べる事も考えましたが、カフェのプチ・デジュネはだいたい6~7ユーロ
内容はクロワッサン、オレンジジュース、カフェオレだけなので躊躇しました。
でも一度くらい高級ホテルの朝食を食べれば良かったと後悔です・・・
(ホテルは倍かかりますが)

でも少ない朝食のお陰でお昼にちゃんとお腹がすく筈です(笑)
さあ、今日のデジュネ(ランチ)は何を食べましょうか♪
[PR]
by cocomiel | 2011-06-25 09:12 | 2011.3 Europe

ただいま朝の7時。
夜通し飲んでいた人々の笑い声が聞こえます・・・
まっ、今日は日曜日だもんね。
a0196698_17144632.jpg

朝食会場に入ると、いきなりビール~(驚)
ミュンヘン地方の朝食として有名な
白ビールと白ソーセージがありました。
朝からビールはさすがに無理・・・
a0196698_15532367.jpg
a0196698_15543475.jpg
a0196698_15554380.jpg

本日のチョイス。
いくらドイツ最後の朝食だからってぇ・・・
明日からおフランス式朝食が始まるからってぇ(笑)
ちょっと食べ過ぎちゃう?
a0196698_1558771.jpg

えへっ、どれも美味しかったのでペロッと完食!!
白ソーセージはすぐに味が落ちるから午前中しか食べないそう。
だから朝食に食べるんですね。で、ソーセージにはビールが付き物ってわけか・・・
お味はあっさりしていて私は好きです
ちなみにこんな風に皮を剥いで中身だけ食べるの。
(旅行前にBSの旅番組でミュンヘン編をやっていたので学習しました^^)
a0196698_17241739.jpg

さて、腹ごなしに朝のお散歩
ハイデルベルク城まで頑張って歩こう!

ひと気のないハウプト通り
朝早いせいもありますが、日曜日は殆どの商店がお休みなのです。
a0196698_1681959.jpg
a0196698_1610444.jpg

ホテルからお城行きケーブルカー乗り場までは20分
前に座っている人はお城で働いているのだとのこと
a0196698_16121144.jpg

各国の言葉で「ようこそ」と書かれていますが、
何故か日本語がありませんでした(涙
この時は日本人団体客が殆どでしたけどね・・・
a0196698_161686.jpg
a0196698_16362353.jpg

お城の入口
a0196698_2045399.jpg
a0196698_1623438.jpg

カール・テオドール橋と、
山の中腹に哲学者の小道が見えますね
a0196698_16542573.jpg

ゲーテの銅像。
a0196698_1651168.jpg

横顔も(笑)
向こうに見えるのはゲーテが座った(であろう)ベンチです
a0196698_16302281.jpg

帰りは坂道を歩いて下りましたが
意外と時間がかかり、道を間違えたかと不安に・・
やっと下の道路に出ました(嬉)
a0196698_16554443.jpg

ハイデルベルク大学
a0196698_1659335.jpg

教会のミサに参加しました。
ラップを歌うミサは初めて。
歌詞が気になります。
a0196698_1705642.jpg

ねえ、何読んでるの~?
a0196698_176150.jpg

チェックアウトは12時なので余裕~♪
ホテルを出て、今度は市電で中央駅まで向かいます。
a0196698_1792719.jpg

駅に到着~
a0196698_17382477.jpg

駅の構内に大きな本屋があり、娘が日本のガイドブックを購入(笑)
a0196698_17323692.jpg

ついつい立ち寄り・・・
a0196698_17274073.jpg

a0196698_1752404.jpg

おやつのチーズケーキ
超!甘かった~
a0196698_17481511.jpg

マンハイムでTGVに乗り換え一路パリ東駅まで♪
a0196698_17351743.jpg

パリ行きのTGVは美味しいランチ付き。
タリスと違ってな~んかお洒落なんだよね。
a0196698_17504865.jpg

デザートのクッキーも可愛い♪
a0196698_18123241.jpg

もうすぐ♪
a0196698_18195691.jpg

夕方4時50分頃、やっとパリに到着で~す♪♪♪(嬉)
娘はドイツを離れたのでテンション低・・・
a0196698_184796.jpg


スローペースな旅行記にお付き合い下さり、ありがとうございます。
後半はパリに4泊。 ここからはサクサク進めますね
・・・のつもりですのでもう少しお付き合いください^^
[PR]
by cocomiel | 2011-06-24 17:11 | 2011.3 Europe

ドイツ最後の夜だし、今夜は最もトラディショナルな料理を食べよう!
ということでホテルの人に教えてもらったのがココ。
地元の人に大人気だそうです。
思わず入ってみたくなるような可愛らしい外観ですね♪
a0196698_8445753.jpg

中は奥行きがあり結構広いです。
各テーブルの上には、名前と予約時間を書いた予約札が置いてありました
さすがヨーロッパ、8時や9時といった遅い時間が多かったですね。
みんなどこかで食前酒を楽しんでから来るのかな?
早めに行って正解♪
a0196698_10161871.jpg

古い楽器をアレンジした照明
a0196698_8533640.jpg

どうです、このボリューム(驚
ドイツ伝統料理てんこ盛り!の一皿。
大きなソーセージに、塩漬け豚肉の燻製
おなじみザウワークラウト、でっかいミートボール状のフリカデレ・・・
美味しかったけど、さすがに食べきれませんでした(汗)
a0196698_8551927.jpg
a0196698_8574738.jpg

ポテトパンケーキを頼んだら、イメージとは異なり
ハッシュドポテトのような感じで出てきました。
お手製アップルソースとの相性はバッチリ♪
a0196698_8593655.jpg

調子に乗ってビールを二杯も飲んでしまった(笑)
二杯目は黒ビール!ドイツの地ビールは美味しいのよ~
ビールはそれ程好きじゃないのにドイツのは口に合うわ♪
a0196698_9361467.jpg

いや~満足満足(嬉)
あのボリュームで、ビール二杯とオレンジジュースも飲んで35ユーロとは!安い^^

レストランから出て少し歩くとマルクト広場に出ました。
a0196698_92950.jpg

a0196698_941149.jpg

メインストリートはネッカー川と並行に走るハウプト(中央)通り
マルクト広場から、ホテル前のビスマスク広場までのびる1キロあまりの通りです
ヨーロッパ最長の歩行者天国との事。

ドイツ最古の大学がある学生の街ハイデルベルク。
そのせいか、何軒もの本屋がありましたが
普通にショッピングが楽しめる楽しい通りです
a0196698_963838.jpg

シックなスタバ
a0196698_984022.jpg


ハイデルベルクは学生酒場も有名。
ちょっと覗いてみたかったけど、デパートにちらっと寄ってホテルに帰りました。
宵っ張りのこちらの人達にとっては夜はこれからって感じでしょうけど、
なんせ女性二人旅。 夜はおとなしくが原則です。

明日は念願のパリ~(嬉) 
わ~いわ~い♪♪
[PR]
by cocomiel | 2011-06-23 10:02 | 2011.3 Europe